cargando...












日記 | 陽気なピザ釜職人のイタリア人


Naoaqui Kimura wrote in 2006 . 09 . 22

先日バイトで海老名まで行ってきました。

その日の仕事はなんと、ピザの石釜作り。

陽気なイタリア人の職人の手元でレンガを運んだり、

セメントを混ぜたりと、いろいろやりました。

 

問題だったのは、まったく言葉が通じないこと、

身振り手振りで、作業を確認しながらやるので、

もうおどおどだったっす。

 

その釜は、材料を本場イタリアから運んできていて、

大小のレンガと四角い軽石のような石、

それにイタリアのセメントと砂、などなど。

石材は一端水につけてから使いました、アグァ、マニャーニャ。

 

めっちゃ貴重な体験でした、が大変なのでもうやりたくないです。

 

関連記事

2006 . 09 . 22 Author : Naoaqui Kimura | なんでもナシゴレン 4

日記 | 陽気なピザ釜職人のイタリア人 | 異文化


Naoaqui Kimura wrote in 2006 . 09 . 22

先日は例のピザ釜づくりバイトの最終日でした。 三日間にわたる現場の初日と最終日に木村は入っ たわけですが、終えてみての感想を述べたいと思 います。

一番面白かったのはやはり陽気なナポリ人、 ミゲールとのコミュニケーションですかねぇ、 もう本当に陽気な人なので、いきなり歌いだすわ ふざけだすわで、ずいぶん笑いました。 日本人の仕事の仕方との決定的な違いを感じまし た。

最初は何が言いたいのかぜんっぜんわからなかっ たイタリア語とボディーランゲージの会話ですが、 次第に意思の疎通がはかれるようにもなりました。

ちなみに覚えたイタリア語は、

アシュペ→ストップ ミクシィ→ミックス ブーシュ→捨てる

の三つです。

バイトが終わるころには、手の皮が剥けたり、 ジーンズが破けたり、結構散々だったのですが、 石釜をつくるところが見れたのと、 自分も若干作らせてもらえたのと、 ミゲールとの友情が芽生えた(?)のとで とても有意義だったっす。

関連記事
2006 . 09 . 22 Author : Naoaqui Kimura | なんでもナシゴレン 0