cargando...












祝告知 | CDできた | 10/20(土)"island our love" 発売記念ライブ | 渋谷公園通りクラシックス | オシャレ生活


Naoaqui Kimura wrote in 2012 . 09 . 30


jaket migi-ue mojji_Risized
jaket migi-shita moji_Risized
                                                                                                                                                                        ↑木村が描きました。




ついに完成しました。

フラメンコギターの奏法を使ってpopsをやるっていうのは、
実は10年前にこの特異なギターに出会った当初から
持っていたインスピレーションでした。

だからこの日は10年来の目的が叶うこととなります。
まずは第一歩。

日本語の歌詞があるっていうのは、
そこに明確なメッセージを込められるのがいいんですよね。

願わくばもう11人くらいの素敵なアーティストとコラボして、
最低でも50枚くらいは作品にしたいです。
もちろん国内外を問わず。
フラメンコ内外ジャンルも問わず。

matzo and kim "island our love"は、
その一枚目です。
(ホントは前にもう一枚ありますが。。。)

今、matzo氏がハードスケジュールの中、編集作業をやってます。
木村はギターの練習をサボって絵を描いたりしてます。



だからこの日は絶対に来て欲しいのです。
本当に本当に来て欲しいのです。

最高のライブにします。




10/20(土)
matzo and kim "island our love" 
★発売記念ライブ☆
渋谷公園通りクラシックス(東京)
開場: 18:30
開演: 19:00
料金: 2,000円(ドリンク別)
●出演 
1. Opening Act:宮内ゆたか
2. ギタリスト木村直晢ソロステージ
3. メインステージ:matzo and kim

◆東京都渋谷区宇田川町19-5 
東京山手教会B1F
◆03-3464-2701 (hall)
/ 03-3423-6343 (office)
◆渋谷駅ハチ公口から西武A・Bを
過ぎ左折、公園通りへ入ります。
左手に見えてくる東京山手教会の
建物の地下一階になります。
   徒歩5分ほど。
page1image3564.png 

ご予約は“
お問い合わせ”より、お名前・人数をお知らせください

  アコーディオン弾き語りのmatzoと、フラメンコギター木村直哲からなる無国籍異色デュオ、
matzo and kimが2作目のフルアルバムを完成させた。
   2009年8月にリリースされた「oasis under the sun」以来、実に3年2ヶ月ぶりとなる本作は、
タイトル曲である「island our love」を筆頭に、3.11以後のこの島=日本にフォーカスした、
メッセージ性の強い楽曲を多数収録。
日本語重視のJ-POPでありながら、情熱的な地中海サウンドが不思議と調和する、未体験の世界である。
   「oasis under the sun」から3年。当初、1度きりの限定企画として制作されたアルバムであったが、
スペイン修行を終えた木村直哲との再会でふたたびインスピレーションが沸いた。
3.11の震災時には海外で日本の様子を案じていた木村。
対してmatzoは出身地である東北の被害に心を痛めていた。
震災後に作り溜めていた楽曲群を持ち寄り、
そのほかにライブで定評のあった数曲を加え、フルアルバムを作ることを決意。
 
  アコーディオン弾き語りという稀有なスタイルで我が道を行くヴォーカリストmatzoと、
フラメンコギター木村直哲の異色コラボレーションDuo。
ヨーロッパ・地中海の香りのするサウンドと裏腹のミスマッチで、
純日本人的かつ普遍的な人間へのメッセージを歌い続けている。
2009年にアルバム「oasis under the sun」を発表。
2012年には世界的アコーディオニストcoba主催の蛇腹音楽の祭典、
Bellows Lovers Night vol.11に初出演し、大いに注目を浴びる。




island our love /matzo and kim★
アイランド・アウア・ラヴ / マッツォ・アンド・キム
¥1,000円(別)
HYST-0021
制作・発売
h.y.e.s.t. records

1. introduction【instrument】
2. portrait
3. starlight avenue
4. island our love
5. secret rainbow
6. lullabye
7. i am u
8. interlude【instrument】
9. you are my friend
10. butterfly effect
11. missing

●matzo(マッツォ)
ハイエスト・レコード代表。
数々のバンド遍歴とプロデュースに明け暮れ、
辿り着いた先は原点回帰となる弾き語りであった。
その過程で目にし耳に触れたアコーディオンの生音にノックアウトされ現在に至る。
オーケストラにも匹敵する表現力を持った楽器に夢を託し、
アコーディオン奏者では珍しい弾き語りのスタイルで、
精力的にライブ活動を続けている、
人間愛と信仰心にあふれる情熱派ヴォーカリスト。
2012年第6回インターナショナル・Vアコーディオン・コンテスト
日本予選ファイナルにて、
審査員特別賞を受賞。

●kim(木村直哲/きむらなあき)
実力派若手フラメンコギタリスト。
本場スペインでの2年間の音楽留学を終え、
現在東京都内のスペインバルやライブハウスにて、
フランコ音楽を日夜奏でている。
その華麗な弦さばきと、柔軟で奇抜なアレンジセンスをmatzoに見初められ、
新たな可能性を共に追求し始める
。横溢な創造性はとどまる所を知らず、
数々のドローイング作品を制作している。
2012年日本フラメンコ協会主催新人公演にて、準奨励賞を受賞。
ニーニョ・ホセーレをリスペクト。




関連記事

2012 . 09 . 30 Author : Naoaqui Kimura | 美のビビール 0

ECUREAR | らくがきギャラリー


wrote in 2012 . 09 . 21
関連記事

2012 . 09 . 21 0

ECUREAR | らくがきギャラリー


wrote in 2012 . 09 . 20
関連記事

2012 . 09 . 20 0